福島住在20代男が紹介する子どもと楽しめる会津の観光スポット3選

会津 芸能

こんにちは~chikuwaです!

突然ですが、会津観光といえば鶴ヶ城!

たしかに一度は、観光しに行ってみるのもいいかもしれません。

でも僕的には、あんまり思い出に残りませんでした。

(コレは、個人の意見なので、あしからず。)

どちらかというと「見て学ぶ」よりも「遊んで楽しく学べる」ほうが良いと思います。

というわけで今回は、子どもと一緒に楽しめる会津のおすすめ観光スポットを紹介したいと思います!
 

夏は、海水浴ならぬ湖水浴が出来る猪苗代湖!

猪苗代湖では、夏になると湖水浴が出来る。

入場料は、無料だ!

猪苗代湖の前には、大きな売店みたいな建物がある。

この売店は、お土産屋さんだった。

ソフトクリームなども食べることが出来る。

その近くには、ラーメン屋さんがあった。

お昼時には、たくさんの人たちが並んでいた。

でもここのラーメン屋さん閉店時間が早くてお昼の時間を過ぎると閉店してしまった。

ここでお昼を食べたいときは、早めに行くことをおすすめする。

そして本題の湖水浴!

早速、入ってみた。

僕の住んでいる所は、海に近いから海水浴しか、したことがない。

だから初めての湖水浴は楽しみだ!

でも、水は海の水より濁っていて、少し動くだけで湖の土で水が茶色くなった。

だから結局のところ、あんまり潜る気には、なれなかった。

でも海も似たような感じだから気にすることはない。

海と決定的に違うところといったら地面だ!

海は砂ばかりで足の裏は痛くない。

でも、ここの場合は砂の他に石もたくさんある。

だから立ったり歩いたりすると、とても痛い。

遊ぶときは、サンダルを履いて遊ぶほうがいいのかもしれない。

それ以外は、問題ない。

ちなみに湖には、アヒルさんボートがあってボートに乗ることが出来る。

僕も乗ろうと思ったけれど、だいぶ並んでいるようだったから諦めた。

その他だと先ほどの大きなお土産屋さんのスピーカーから歌が聞こえてきて、なんだか海の家みたいだった。

僕の勝手な感想だと海のほうが僕は好きだ。
 

ラーメンについて学べてお腹も膨れる人気スポット

一階はお土産を買ったり、ラーメンの麺づくりが体験できる

ここは、ラーメン館といって県内に2店舗ある食べて学べる施設!

そして、一階はラーメンについて学べたり、お土産を買うことが出来る!

麺をづくりが体験できる所は、ガラス張りになっていて外からでも麺づくりをしているところを見学することができる。

そして、近くには麺づくり体験の手順が書かれていた。

しかし、麺づくり体験は、時間が決まっている。

僕が来たときは、何もやっていなかった。

その日は、休みだったのかもしれない。

仕方がなかったから麺づくりの手順をみてどんなものなのか確認してみた。

麺づくり体験でつくった麺は、お土産として持ち帰ることが出来る。

お土産売り場には、会津の特産品などのいろいろな、お土産がところせましと並んでいた。

特に気になったのは、会津漆器だ。

これは、伝統工芸品らしい。

「あかべこ」という福島県民なら知っている赤い牛の絵が書いてある会津漆器を買ってみた。

一階の施設については、こんなところだ。
 

二階には食堂があって様々なラーメンが食べ放題!

続いて二階にある施設についてだ。

二階では、ラーメンを食べることが出来る!

しかも、食べ放題だ!

ラーメンの他にも、ジュースやアイスなどのデザート系を食べることが出来る。

さらには、たこ焼きなどの粉ものもたくさん食べられる。

でも、メインは、ラーメンだ。

ここでは、6種類くらいのラーメンが食べることが出来る。

ラーメンを食べるときは、自分の座っている机にラーメンオーダー用の紙が置いてある。

その紙に自分の食べたいラーメンの名前を書く。

そして、ガラス張りのラーメンを作っている場所に行き自分の食べたいラーメンを書いた紙を出せばokだ!

すると、出来上がったラーメンを食べることが出来る。

なかには、辛いラーメンもある。

赤いから見た感じからして分かる。

挑戦してみるのもいいが辛いから注意する必要がある!

福島県内に生息している生き物が見られる水族館!

最後に水族館を紹介しよう!

ここは、アクアマリンいなわしろカワセミ水族館という所だ!

同じ福島県県内にアクアマリンふくしまという水族館がある。

あそこは、福島県の近くに住んでいる海の生物を展示している所だ!

それに対して、ここは淡水にいる生物を展示している。

ちなみに外には、列車が置いてあって写真撮影をすることが出来た。

まず、館内に入ると、一番最初に目につくのがカワウソが飼育されている大きな水槽だ!

日本のカワウソは、もう絶滅して日本にはいないらしい。

でも、ここでは、カワウソを見ることが出来る!

ここで飼育されているのは、絶滅した日本のカワウソではなくて日本に生息していたカワウソに近い種類のカワウソらしい。

水槽には、数本の細かい木が浮いていて、その間にをカワウソが泳いでいたりする。

野生で生きている環境を再現しているらしく「こんな環境で暮らしているんだなぁ~」と生活環境を知ることができる。

あとは、たくさんの小さな水槽が置いてある所がある。

そこでは、カエルやゲンゴロウといった生物が展示されている。

ここで展示されていたカエルは、アマガエルだ!

だが、このアマガエル通常と違うことが一つある。

なんと、青い色をしているのだ!

色違いアマガエルともいうべきか?

というのも、このカエルは普通のカエルよりも色素が一色足りない為に青くなってしまっているのだという。

色が違うのは珍しいが、なんだか悲しい理由だ。

というような珍しいカエルも展示されている。

もちろん魚も展示されている。

ここで展示されている魚のいる水槽は、川の水の流れを再現していて見ていて面白い。

ずっと見ていられて釘付けになってしまう。

その他にもセミの幼虫にキノコが生えているのもあった。

なんだかコレは、気持ち悪かった。

あと、僕が来た時には、外国産のカブトムシやクワガタムシが展示されていた。

でもこれは、期間限定だったかもしれない。

だから今は、展示されてないのかも?

というわけで会津の水族館については、こんな感じ!

 

まとめ

  • 猪苗代湖は、夏になると湖水浴が出来るが石で足をケガしないように!
  • 食べて学べるラーメンの博物館が楽しい。でも食べ過ぎには注意!
  • 福島県内にいる淡水生物の住む環境を再現して展示する水族館

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました