福島住在の20代の男が夏休み高校生の頃登って感じた富士山の魅力

山登りの画像 芸能

皆さんこんにちは、chikuwaです。

富士登山をしたことがある人は、沢山いると思いますし、登ったことのない人もたくさんいると思います。

夏に解禁される富士登山いいですね。

ということで今回は、僕の初めての富士登山についての記憶を書いていきたいと思います。

参加した理由は勧められたからなんとなくだったが・・・

僕がこの富士登山に参加した理由は、まだ自分が体験したこのとないことだった。

だから、なんかよくわからないけど参加してみようかなと思ったから。

この富士登山の募集の内容を見つけたのは、僕の母親だった。

新聞の記事の隅っこのほうに小っちゃく載っていたのを見つけて富士登山参加してみたら?

と言ってきた。

でも初めは、なんか面倒くさいからいいやと思っていた。

でも、その富士登山のことを知って時間がたつにつれて行ってもいいかなと思った。

だからちょっと新しいことも体験してみたいし、チャレンジしてみようと思って参加してみた。

そしたら後日、自分が通っている学校でもその富士山の募集をし始めていた。

でも大々的に募集しているのを紹介しているわけではなかったので、僕は参加する人いないだろうなぁ~って思っていた。

さっそくの説明会のに遅れてしまった。

富士山に登ると突然電話がかかってきたが何も言えなかった。

富士登山の参加をすると、後日、電話がかかってきた。

その電話は日本テレビからの電話でした。そして、この富士登山に参加したり理由をきかれた。

でも、とくにこれといった理由がなかったので、とりあえず理由みたいな、それっぽいことをいってみた。

その理由は、どんなことを言ったのか忘れてしてしまった。

かなり前のことだったし、緊張もしていたしなぁ~

急にテレビ局から電話がかかってきて、何事かとびっくりしていた。

なので、多分わけのわからない理由を言っていたと思う。

僕も理由を言っているうちに自分が何を言っているのか途中で分からなくなってきていた。

遅れていった説明会そこでは・・・

説明会の日が来たので富士登山の説明会にいくと、会場の入り口付近でこの前電話をしてきたテレビ局の人たちがいた。

会場内に入るとたくさんの人々がいて、なんか騒がしかった。

富士登山の説明会の会場は、自分がいるところではなくて、自分が住んでいる地域から、車で2時間くらいの場所で開催されていた。

あんまり言ったことがない場所だったから記憶があいまいで・・・

そして、1、2回くらいしか行ったことがない所へと迷いながら行ったので、時間に何分か遅れた。

自分たちの他にも遅れた人たちはがいて、会場内は、結構ガヤガヤして遅れた人は、目立たなかったの良かった。

富士登山当日‼初めての富士山

ようやく富士登山初日!富士山の周辺には自衛隊の基地のようなものがあった。

自衛隊の人たちは訓練で富士山を登っているようだった。

今回は、頂上まで登ること。

そして、もう一つ富士山からの日の出を見ること。

日の出を見るために一日で登り切らずに頂上から一番近い山小屋で一泊してそこから頂上に向けてスタートし始めた。

山小屋からは、午前2時ごろから出発した。

午前4時ごろから日の出が出始めるのでそれに間に合うように急ぎ足で登った。

けれども、結局間に合わずに日の出が出てしまったのでその場で見ることになった。

初めての富士山から見る日の出は少し雲がかかっていたけれど、

「とても綺麗で登ってよかったぁ。」

と思うほどだった。

下のスタートした地点がとても小さく見えた。

富士山からの景色を見ると思わず「ここまで登ってきたんだなぁ~」

という実感が沸き充実感があった。

予定より遅れて頂上に着くと坂道があって、その坂道を登るのに一苦労!

頂上では空気が薄いので平たんな道を歩いているだけでもしんどいから坂道は地獄そのもの!

休憩した草がたくさん生えているところから真夏の太陽が僕たちを襲ってきた!

休憩中に空気の薄さと太陽の暑さでくたばりそうになった。

もう動きたくなかった。

だけど、休憩時間が終わってしまった。

仕方がなく立ち上がり山頂を目指すことに。

頂上になるにつれて道が険しくなってきた。

草が生えていなくて、みんな岩だらけ。

富士山が火山ということが実感できる。

そこにみえたのは、自衛隊。

今にもくたばりそうな僕の近くを走りながら下っていた。

信じられなかった。

こんな太陽がサンサンとしていて、おまけに空気が薄い所を走るなんて・・・

僕には、到底真似できないことだ!

「すごいなぁ~」と思いながら僕は、見えなくなるまで見ていた。

やっとのことで頂上までたどり着いた!

もう歩きたくなかった。

しかし、写真撮影の為に歩く羽目になった。

空気が薄くて気持ち悪かった。

多分、高山病だ。

その後休憩をして少しマシになったから、ついでに富士山の火口を見てみることにした。

そして、富士山の火口付近を見ることに。

下までだいぶ続いていて、落っこちそうだったが確認することが出来た。

まとめ

  • 富士山を登る前と登った後で富士山に対するとらえ方が変わるので登っておいたほうがいい。
  • 富士山から見る日の出は、最高にきれいなので一度は見ておくべき。
  • 富士山の火口を見ることが出来るので山頂まで登って火口を見るといいと思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました