荒井祭里の生年月日や出身地は?小学校や中学も気になる!

スポーツ

こんにちは~chikuwaです!

荒井祭里という人物を知っていますか?

荒井祭里は、飛び込み競技の選手のなんです。

飛び込みって高い所からプールに落ちていくので、自分が飛ぶ方だと想像したら怖いですよね。「頭をぶつけたらどうしょう」とか水面に顔から着水したら痛いでしょうし。

飛び込み競技の選手は、何回も飛び込んでいるので、慣れているだろうと思いますが、たまには怖いと思うときもあるんじゃないかななんて。

という事で荒井祭里を調べてみました!

 

荒井祭里の生年月日や出身地は?

荒井祭里の生年月日

荒井祭里の生年月日ですが、2001年1月18日の生まれのようです。

身長は、150cm

荒井祭里の出身地は?

荒井祭里の出身地は、兵庫県。

兵庫県といえば甲子園と宝塚が有名ですよね!

 

荒井祭里の学歴や経歴!

荒井祭里はどこの学校出身?

荒井祭里の小学校は、兵庫県伊丹市の立荻野(おぎの)小学校!

中学校は、伊丹市立荒牧中学校で高校は、私立甲子園学院高等学校

大学は、武庫川女子大学に行ったそうです。

荒井祭里のこれまでの経歴!

引用:Wikipedia

三人姉妹の次女として生まれる。小学1年生から飛び込みを始める。JSS宝塚スイミングスクールで先輩の寺内健や馬淵優佳、板橋美波らとともに練習を重ねる。
高校時代は高校総体で高飛び込みを3連覇。日本選手権では2015年と2016年の10mシンクロ高飛込で佐々木那奈と組んで優勝し、2017年と2018年は10m高飛び込みで2年連続で優勝を果たした。
2018年ジャカルタアジア大会では、10m高飛び込みで5位、板橋美波と組んだシンクロ高飛び込みで4位に入った。

荒井祭里には、姉と妹がいるんですね。

 

 

荒井祭里は東京オリンピック出場する?

荒井祭里の結果は?

荒井祭里は、2019年光州世界選手権でで9位になり見事、東京オリンピックの飛び込みの選手に内定したようです。

 


18歳で飛び込みのオリンピック代表、第1号になったなんて荒井祭里はすごい選手なんですね!

しかし、コロナウイルスの影響で2020年の東京オリンピックが開催されるのが怪しいく、アメリカのトランプ大統領は、延期して来年(2021年)にやればいいのでは?と言っていますが、安倍総理は、中止も延期もするつもりがないよう。

中止にするのも手だと思うのですが、オリンピックを中止にすると、オリンピックに出場するために、今まで頑張ってきた選手たちが可愛そうだし、コロナウイルスが流行っていて世界が混乱しているのにオリンピックを開催するのは、どうかなと思うので、トランプ大統領が言った通りに2020年は、オリンピックにを延期にして来年の2021年に東京オリンピックを開催すればいいんじゃないかなと思います。

 

 

荒井祭里のまとめ

  • 荒井祭里の出身地は兵庫県で高校は、私立甲子園学院高等学校
  • 荒井祭里には姉と妹がいる。
  • 2019年光州世界選手権でで9位!東京オリンピックの飛び込みの選手に内定!

コメント

タイトルとURLをコピーしました