コナンでキュラソーは死亡?能力や正体が気になる!

アニメ

こんにちは~chikuwaです!

2016年公開の「劇場版名探偵コナン純黒の悪夢」に登場するキャラクター『キュラソー』を調査しました!

『キュラソー』を担当した人は、元宝塚歌劇団の天海祐希さん!

映画の予告映像の最後に原作の青山剛昌のコメント「観終わったあと何色の気持ちになれるかはあなた次第です(笑)とあり、このコメントの意味が差すものとは?

 

コナンのキュラソーは死亡?

コナンの映画でキュラソーは最終的に死亡してしまうのですが、キュラソーの死亡の仕方がかなり悲しいのです。

キュラソーは、元々悪い人なので良い死亡の仕方?キレイな感じで死亡するシーンが描かれるとは思いませんでしたが、それにしても悲しすぎるのです。

その死亡の仕方は、映画の最後の方。

黒の組織に子供たちを乗せた観覧車が攻撃されてしまい、観覧車の車軸がはずれてしまいます。

子供たちを助けるためにクレーン車に乗ったキュラソーが観覧車を止めるのですが、その時にキュラソーがのっているクレーン車が観覧車に押しつぶされてしまうという悲しい結末・・・

 

キュラソーの最後があんな風になった理由は?

この映画は、「色」がテーマ。

冒頭でもお伝えしたように映画の予告映像の最後に原作の青山剛昌のコメント「観終わったあと何色の気持ちになれるかはあなた次第です(笑)とあります。

そして、キュラソーは最後、観覧車に押しつぶされて爆発。死亡し身元が分からない状態で発見されるのですが、手に持っていたイルカで死亡したのはキュラソーだと分かります。

 

そこまでした理由は、子供たちに死亡したのがバレないようにと「死亡した」と観客に分かりやすく表現するためなのとキュラソーが持っていたイルカに関係!

 

キュラソーは持っていた白イルカのストラップを子供たちを助けるために観覧車の爆発に巻き込まれで黒にしてしましますがこれは、「優しい黒」だとおもいます。映画のタイトルの「純黒の悪魔」の純黒は、そう意味だったのではないかなと。

 

しかし、キュラソーがせっかく黒の組織から抜け出したのに結局は、黒に戻ってしまう黒の組織の運命?みたいな感じもして死亡した別の意味でも悲しいですね。

 

もう一つの理由!

キュラソーが死亡した理由は、もう一つあると思います。

それは、キュラソーの声優が、天海祐希さんであること。

もし、キュラソーが生きていて今後アニメに登場することになったらギャラが高くなってしまします。

それもあって、キュラソーは死亡したというという理由もあるかもしれません。

まぁ劇場版だけのキャラクターなので、天海祐希さんでなくても別の有名人がやっていたと思いますが。

 

コナンのキュラソーの能力や正体が気になる!

キュラソーの正体は黒の組織?

キュラソーの正体は黒の組織の№2のラムの手下です。

ちなみに黒の組織の№2のラムの正体は脇田といわれています。

 

キュラソーの能力は?

キュラソーの能力は脳が記憶媒体の役割をしているとコナンはかんがえています。

つまり、キュラソーの脳は、USBメモリやDVD、CDなどと同じで、「赤、青、緑、オレンジ、白」の5食で記憶することができます。

 

キュラソーのまとめ

  • コナンのキュラソーが死亡したのは、色がテーマだったから。
  • キュラソーの正体は黒の組織ラムの手下。ちなみにラムの正体は、脇田といわれている。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました