神様になった日の佐藤ひなは何物で正体は?30日後に世界が終わる予言の意味は何なのか考察!

アニメ

こんにちは〜chukiwaです!

『神様になった日』の主人公である、成神陽太の前に、突然現れた佐藤ひなって何者なのでしょうか?

格好も修道女みたいな変な服を着ていて、自分のことを「わらわ」と言ってみたり、話し方も変な喋り方、おまけに予言もだいたい当たる。

そして何より自分を「全知の神オーディン」と言い張るこのキャラクターの正体を考察したいと思います!

神様になった日の佐藤ひなは何物で正体は?

そもそも佐藤ひなって本当に神様?

佐藤ひなって本当に神様なのでしょうか?

自分のことっを「全知の神オーディン」と言っていますが、本名は佐藤ひなということになっています。これだと神様ではなく人間ですよね?

 

そして、この画像が出てきたことによって神様ではなく、やっぱり人間の可能性が高そうですね。

 

それと同時に、「天才ハッカーの鈴木央人」、「愛を数値化してみたいと言う 興梠博士」とも関係がありそうです。

 

佐藤ひなは、人間の可能性がある。

 

30日後に世界の終わるってどういうこと?

30日後に世界の終わる予言の意味って何なんでしょう?

このセリフの意味について、結論から言うと、金魚ではないかと言う説があるようです。

 

確かにアニメみていると至る所に金魚が出てきます。

アニメのopやed、アニメのロゴや夏祭りで金魚すくいをするシーンまで出てきましたよね!

 

いくら何でも金魚出し過ぎです。

これは、何か意味がありそうですね。

 

と言うことで正体は、金魚では?と言うことになったわけ何ですが、実は「30日後に世界が終わる」というセリフも金魚に関係あるっぽいです。

それはですね、夏祭りの金魚の寿命がだいたい30日なんだとか。30日で金魚は死んでしまうみたいです。

 

確かに夏祭りで獲った金魚って早く死んでしまうイメージがありますよね。

と言うことで、佐藤ひなは金魚では?という説が出てきたようです。

 

さらにこれって、予言が当たるのにも関係があるみたいですよ。

ちなみに、3月3日の雛祭りって「金魚の日」でもあるんだとか。

 

30日後に世界が終わる」というセリフから佐藤ひなは金魚の可能性がある。

 

神様になった日の佐藤ひなの予言が当たる理由や、タイトルの意味を考察!

何故、佐藤ひなの予言は当たる?

佐藤ひなの予言がなぜ当たるのか?

それは、佐藤ひなが何度も時間をループているから!ということみたいです。

 

さっきの金魚ですが、アニメのedを見てみると金魚がワームホールみたいなところを移動してる?ような感じなんです。

 

 

確かに言われてみれば、そんな気がしますよね!

 

 

 

佐藤ひなの予言が当たるのは、時間を何度もループしているから?

「神様になった日」のタイトルにも何か意味がある?

アニメの題名になっている「神様になった日」これも何かあると思いませんか?

「君の名は」とか「僕だけがいない街」って言うタイトル名は物語にちょっと触れているタイトル名ですよね?

 

ここから、考えると「神様になった日」も物語に少し触れたタイトル名になっていると僕は思うんです。

 

だから自分を全知の神だと言う佐藤ひなは、まだ神様ではなく、

30日後に神様になるとかそんな感じなのかなって思ったりもするんですが、どうなんでしょうね?

 

それか主人公の名前が成神陽太だから、成神陽太が「太陽の神様になる日」とか?

逆さまから読むと太陽とも読めるんですよね。

「成る」って今までと違った状態、形に変わると言う意味もあるので可能性は何にしもあらず?

 

神様になった日の佐藤ひなのまとめ!

  • 7話の最後の方に、佐藤ひなに似た少女の写真が出てくることから、佐藤ひなは人間?
  • 佐藤ひなは、金魚だった?
  • 30日後に世界が消滅するのは、お祭りの金魚が大体30日で死んでしまうから?
  • 佐藤ひなの予言が当たるのは、何度も時間をループしているから?
  • 世界の終わりとはループする日?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました