小山田耕三のモデルは誰?生い立ちや経歴も気になる!

朝ドラ

こんにちは~chikuwaです!

現在放送中の朝ドラの新作「エール」いいですね。

そして、「エール」には5月登場予定の亡くなった志村けんが演じた小山田耕三が出るみたいで取り直しは無く、志村けんが演じた小山田耕三が、そのまま放送されるようです。

この小山田耕三のモデルはいったい誰なんでしょう?

今回は、小山田耕三のモデルになった人物と生い立ちや経歴も調べてみました!

小山田耕三のモデルは誰?

小山田耕三のモデルを調査!

志村けんが演じた小山田耕三のモデルが誰かというと山田耕筰です。

(以後このブログの記事では、山田耕筰の事を小山田耕三と表します。)

ちなみにエールの主人公の古山裕一は、小山田耕三に憧れて作曲家の道に進んだんだとか。

なぜ、古山裕一が小山田耕三に憧れた理由については、下の【小山田耕三の役が、志村けんになった理由は?】に書いておきました!

 

小山田耕三の役が、志村けんになった理由は?

小山田耕三の役が、志村けんになった理由は何でしょう?

それは、小山田耕三と志村けんの肩書き?立ち位置?が似ていたからと他のブログに書いてありました。

つまり、どちらも「大物有名人」という事!

ということで、古山裕一が小山田耕三に憧れたのは、小山田耕三が音楽会の大物有名人だったという事なんです!

やはり、自分の好きなものを極めている人って憧れますもんね。

 

小山田耕三の生い立ちや経歴!

小山田耕三は、子どもの頃に父親を亡くした?

小山田耕三は、子どもの頃に父親を亡くしてしまったようなんです。

それは、小山田耕三がまだ10歳に頃。

ちなみに小山田耕三の父親は、医者だったみたいです。

小山田耕三にはガントレット恒という姉がいて、その姉を頼って13歳から岡山の学校に入学。

13歳という事は、今でいう中学校みたいな感じですかね?

そして、姉の旦那さん(エドワード・ガントレットさん)は、音楽に詳しい人で小山田耕三に西洋音楽を教えていました。

 

小山田耕三は2度もオーケストラ運営に失敗したってホント?

1908年に東京音楽学校を卒業した小山田耕三は、数々の功績を残しました。

ニューヨークのカーネギー・ホールで自分で作った曲を演奏(木管楽器や金管楽器のみ)したり、オーケストラを運営、【赤とんぼ】などの楽曲を作曲したりしました。

 

そして、問題なのが2度も失敗したオーケストラを運営。

 

小山田耕三の1度目のオーケストラ運営は、「東京フィルハーモニー会」

お金がなかった小山田耕三は、三菱財閥総帥の岩崎小弥太を頼りました。

しかし、結婚したばかりの小山田耕三は、浮気をし別の女性と結婚。

それを知った岩崎小弥太は、腹を立て小山田耕三に資金援助をするのを辞めてしましました。

これにより、小山田耕三はお金に困り、仕方がなくオーケストラを断念。

ちなみに小山田耕三は、かなりの女好きで何度も別の女の人と結婚しました。

でも子供はいないんだとか。

小山田耕三の嫁についてはこちらです。

 

2回目のオーケストラ運営は、「日本交響楽協会」

しかし、海外のオペラなどを見て諦めきれなかった小山田耕三は、2度目のオーケストラ集団「日本交響楽協会」運営をします。

これは、小山田耕三が注目を集めるために本場のオーケストラ集団を呼ぼうと考えたオーケストラ集団。

東支鉄道交響楽団と話を付け順調に話が進んできましたが、突然起こった関東大震災ですべての計画がパーになり失敗。

 

お金の調達はどうやってしたのかが気になりますが、調べても調べてもお金の調達の事が見つかりませんでした。

きっと、「大物」になり名前が売れたんでしょうね多分。

 

小山田耕三のまとめ

  • 小山田耕三の役が、志村けんになった理由は「大物」という所が志村けんにあっていたから
  • 小山田耕三のモデルは、山田耕筰で女好き。何度も結婚した。
  • 小山田耕三は、2回もオーケストラを運営したが、どちらも失敗し断念。(片方は、小山田耕三の女好きが原因。)

コメント

  1. […] 小山田耕三のモデルや経歴、生い立ちについてはこちら。 […]

タイトルとURLをコピーしました