クリスリードの本名や出身高校は?経歴や国籍も気になる!

スポーツ

こんにちは~chikuwaです!

クリスリードという人物を知っていますか?

クリスリードさんは、アメリカ合衆国出身で日本のアイスダンス、フィギュアスケート選手。

最近の活躍は、2010年のバンクーバーオリンピック、2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックに日本代表で出場しました!

そんな、クリスリードさんですが、2020年3月15日の午前12時20分にアメリカ・デトロイトで亡くなってしまっいたそうで、年齢は30歳。

30歳という若くして亡くなってしまったのは残念ですね・・・

 

クリスリードの本名や出身高校は?

クリスリードのプロフィール

本名:クリス・リード(リード ロバートクリストファー)

生年月日:1989年7月7日

出身地:アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー

身長:185 cm

血液型:A型

体重:78kg

 

 

クリスリードの出身高校はどこ?

クリスリードさんの出身高校はどこなんでしょうか?

調べてみるとクリスリードさんの出身高校は、アビングトン高校だそうで、大学には行っていないみたいです。

その後、クリスリードさんは、株式会社木下グループホールディングスの所属になりました。

 

クリスリードの経歴や国籍は?

クリスリードの経歴

クリスリードさんには、キャシーリード というお姉さんがいます。

そのお姉さんとアメリカでカップルを組んだのが、クリスリードさんがアイスダンスを始めたのが最初だそうです。

引用:Wikipedia

2005-2006シーズンの全米フィギュアスケート選手権ノービスクラスで優勝。コーチであるニコライ・モロゾフのすすめで、2006-2007シーズンから日本に所属した。

 

  • 第75回全日本選手権では2位。
  • 2007年の四大陸フィギュアスケート選手権のコンパルソリーダンス7位、オリジナルダンス9位、フリーダンス6位で総合7位。
  • 2014年の4月19日にアイスダンスでペアを組んでいた姉のキャシーが引退し、6月17日、村元哉中とペアを組む。
  • 2018年の平昌オリンピックに日本代表の時は、15位。
  • 2019年12月31日に引退。

 

 

【世界選手権】
2016年の世界選手権は、15位。
2017年の世界選手権は、23位。

 

【四大陸選手権】
2016年の四大陸選手権は、7位。
2017年の四大陸選手権は、9位。

 

クリスリードの国籍は?

次は、クリスリードさんの国籍についてです。

クリスリードさんの父親はアメリカ人母親は日本人だったので国籍留保手続きで、国籍選択期限年齢になるまで、クリスリードさんはアメリカと日本どちらの国籍も持っていました。

しかし、クリスリードさん22歳になったころ日本国籍を選択したことで日本人になりました。

 

クリスリードは、言語障害で恋人もいた?

クリスリードの恋人は、村元哉中?

クリスリードさんに恋人がいる?みたいなことが書いてあったので、クリスリードさんの恋人も調査しました。

クリスリードの恋人は明かされていませんでしたが、アイスダンスでペアを組んでいた、村元哉中さんが一番怪しいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#KanaMuramoto #mishaGe #🇯🇵 #🇺🇿 #Worlds2016 #banquet #figureskate #figureskater #村元哉中 #ミーシャジー

@ mimefggがシェアした投稿 –

クリスリードは言語障害?

クリスリードさんは言語障害の診断を子供の時に受けていました。英語と日本語のどちらも話さるようですが、言語障害という事で、セラピストから1つの言語で話すよう言われそれから英語だけで話していたそうです。なので、日本語よりも英語が得意でした。

 

 

クリスリードのまとめ

  • クリスリードさんは、アメリカ合衆国ミシガン州カラマズー出身で国籍選択期限年齢になるまで、アメリカと日本どちらの国籍も持っていた。
  • クリスリードさんが初めてスケートを始めたのが姉のキャシーリードとペアを組んだのが最初。
  • クリスリードさんは、2010年のバンクーバーオリンピック、2014年のソチオリンピック、2018年の平昌オリンピックに日本代表で出場した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました