元自衛官20代男が自衛官になる前にやったこと、起こること3つ紹介

自衛隊 芸能
自衛隊

こんにちは~chikwaです!

日本が好きで将来は、国を守る仕事がしてみたい!

だから自衛官になりたいと思っている人もいると思います!

僕は、航空自衛隊のパイロットになりたかっただけなんだぁぁぁぁああ!

なのに、いつの間にか陸上自衛隊に入っていた!

今回は、自衛隊に入るまでにどんなことがあるのか紹介していきたいと思います!

まずはじめにやるべきことそれは、意思表示!

応募するまでと募集事項の簡単な説明!

とりあえず自衛隊に興味が出てきて気になった時は、自衛隊について調べてみたり、自衛隊のサイトを見てみると良い。

なんとなくサイトなどを眺めてみて「わぁ~面白そう」とか「やってみたいな!」

と思ったら自衛隊のサイトにアクセスする。

自衛隊のサイトにアクセスしたら自衛隊になりたい人用の募集の欄があるからそこに必要事項を書いて意思表示してみよう。

募集の必要事項の内容は、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊が選べる。

それと、自分の名前、住所、電話番号、メールアドレス、自衛官になりたいと思った簡単な理由だったような気がする。

・・・思ったよりあんまり覚えていなかった。

まぁ、そんな内容だった気がする。

自衛隊について、いろいろ調べてみて自衛官になりたいと思ったら自衛隊のサイトの募集覧にアクセスするだろうから実際に自分の目で確かめてみると良いと思う。

紙の応募用紙もあるか最寄りの役所で応募用紙を探してみるのも良いかもしれない。

応募欄に書いた電話番号とメールアドレスの使い道

メールアドレスは、これから自衛隊に入る前に広報官(自衛隊の人)という、自衛隊に入る前にいろいろと自衛隊のことについて説明したりサポートしてくれる人とのメールのやり取りをするから。

電話番号は、頻繁に電話がかかってきたことは、なかったけれど一回か二回くらい電話がかかってきた記憶があったから。

それと自衛官になると災害などが発生して非常時になると、休みの日でも電話がかかってきて仕事になる時があるらしく、かかってきた電話に出ないと休み明けに出勤してきた時に怒られるらしいから携帯電話は、肌見放さず持っていること!

って自衛隊の人に言われた。

マジかよって僕は、思った。

普段、僕は携帯電話の充電をしない人なので、「いざ使おう!」

と思ったら電池切れのことや着信音に気が付かないことがよくあった。

だから不安になった。

ヤバい!

絶対に怒られるパターンだ!

実際に自衛隊の人が自分の家に来て説明しに来る!

募集覧で必要事項を書いて意思表示すると後日、広報官が応募した人の家に来る。

僕の場合は、平日に広報官が来た。

その当時僕は、学生で学校に行っていたから実際には、合っていなくて母が対応した。

なんでも、応募してきた人の家に来て、その家にどんな人がいて、どんな感じなのか?

を確認しに来ているらしい。

後日、その例の広報官からメールが来て空いている日を聞かれた。

その予定の日になると広報官が家にやってきた。

その広報官のひとは、航空自衛隊の人だった。

僕が航空自衛隊を選んだからかもしれない。

多分そうなのだろう。

そしてその広報官は、優しそうな人で髪型は、坊主頭では、なく普通の髪型だった。

その理由は、広報官の人の髪型は、自衛隊を宣伝するのが主な仕事だから、ある程度自由にしていいらしい。

それも、そのハズだろう。

宣伝のために説明しに来た広報官が怖そうな顔とは、いかなくても坊主頭で来られたら、逆に不安にさせて逆効果になってしまう。

そうならない為に、ある程度自由な髪型でいいらしい。

広報官による自衛隊の詳しい解説付きの説明

広報官にいろいろと自衛隊についての説明をされた。

その説明内容は、こんな感じの内容だった。

まず、自衛隊には、正式な自衛隊の隊員とアルバイトの隊員の話をされた。

その後に簡単な陸上自衛隊のこと、海上自衛隊のことの説明をされた。

最後に航空自衛隊について詳しく説明してもらった。

普通の航空自衛隊の事のほかに、航空学生のことや防衛大の話も聞いた。

航空学生は、年齢がギリギリだったから辞めた。

何歳までだったかは、忘れてしまった。

防衛大は、東大並みの学力が必要らしい。

そんな頭があったら僕は、とっくに東大にいる!

と思った。

なので防衛大も諦めた。

ちなみに防衛大に行くと卒業した後の階級が上がるのが早くて、若いうちに偉い人になれるらしい。

東大並みの学力を持っているんだから、そりゃ当然だろ!

その後、航空自衛隊に入って戦闘機のパイロットになりたい理由を話したら、陸上自衛隊のヘリコプターのパイロットの方が簡単になれるということを聞いた。

いつの間にか僕は、航空自衛隊ではなく、入る予定のなかった陸上自衛隊に入ってしまった。

 

まとめ

  • 自衛隊になりたいと思ったら自衛隊のサイトの募集の所に意思表示をする
  • 自衛隊に意思表示のメールを送ると思ったら自宅に広報官がやって来る
  • 自衛隊には、陸、海、空以外にも種類があって防衛大は、東大並みの学力が必要

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました