元自衛官20代男の新人自衛官の休日の過ごし方と厄介な外出許可証

伸び 芸能

こんにちは~chikuwaです!

休みの日は、何をしますか?

旅行をして現実を忘れてリラックス?

日ごろの運動不足を解消するためにランニング?

映画館で映画を見ること?

それとも・・・

今回は、新人自衛官の休日について紹介したいと思います!

外出するには許可が必要

外出するための外出許可証を書くのがめちゃくちゃ大変!

休日は、基本的に土日祝日でカレンダー通りだ。

そして、休み前に外出するために外出許可証を書く。

その外出許可証は、だいたい水曜日か木曜日までに書いて提出する。

その期限までに出さないと外出することが出来なくなってしまう。

そして、この外出許可証は自衛隊に入ったばかりの頃が一番書くのが大変なのだ!

なぜ大変なのかというと外出許可証に書く名前と行き先を揃えて書かないといけなかった。

一文字一文字を揃えて書くのは、非常時に大変なのだ!

まず、失敗しても良いように定規を使って文字がズレないように下書きをする。

その後にペン書きするのだが、コレが非常に神経を使う!

文字が斜めになってしまったり、字を間違えてしまうと、やり直しになる。

しかも外出許可証は、一人一枚ではなくて同じ部屋の人数分で一枚なのだ!

もし一人でも書き間違えれば、そこでやり直し!

このプレッシャーに僕は耐えられなかった。

みんなの圧力が半端ない!

ヤバかった!

外出できる範囲も決まっている

そしてこの外出許可証、名前だけではなく行き先も書かなくては行けない。

名前を書くだけなら失敗する可能性は、低いけれど行き先も書かなければならないのが厄介!

自分の名前ならば書き慣れているし、長くても6文字ぐらいだろう。

だから大丈夫だが、行き先はコロコロ変わるし、6文字じゃ聞かない。

書くことが多くなるからそれだけ書き間違いしやすい!

だから、行き先を書くのが名前よりも神経を使う。

なので、この行き先のところでの失敗がほとんどだ!

ペン書きした時に「書き間違えないで、ここまで来た!」

「ここまでくれば安心だろう」と思った時に限って書き間違える。

一気に地獄に落ちた気分になる。

そして、最初から書き直し。

同じ部屋のみんなに責められる。

こんな事にならない為にも最後まで気を引き締めて書かなくてはならないのだ。

ゴールデンウィーク、お盆、年末年始の長期休暇について

自衛隊にも長期休暇があって大体の人は、この時期に休む。

だいたい9日か10日くらい休みがある。

それでも休みじゃない人もいる。

休みじゃない人は、別の日に休むのだろう。

・・・多分ね。

もちろん、この長期休暇にも外出許可証を書くことになる。

この長期休暇に用の外出許可証が、コレまた厄介なのだ!

通常の許可証よりも書くことが多くなるからグレードアップしている。

そのおかげで圧力によるプレッシャーもグレードアップしている!

最悪だぁぁぁぁあああ!

長期間休むからその分だけのことを書かないといけない。

交通手段や移動にかかる大まかな時間も書かないといけないから非常に面倒。

「そんな未来の事わかんねぇよ!」

と思いながら適当に書いてたなぁ~。

どうせバレないし。

あと、自衛隊に入ったばかりの頃は車を運転できなかった。

運転できるようになったのは、半年ぐらいたってからだった。

でも僕は、普通に車を運転していた。

なんだか無性にドライブがしたくなった。

自衛隊に入る前は、車を運転するのが嫌だったけれど、しばらく運転していないと不思議と運転したくなった。

バレないっしょっ!

と思いながら車を運転していて駐屯地の近くを走っていたら、一度だけ見つかりそうになった。

それ以降は近くを走らなかったから大丈夫だった。

見つかったらどうなるのだろう?

クビにでもなるのだろうか?

とりあえず、怒られるのは、確かだ。

そんでもって腕立てかな?

なんかチンピラみたいな怒り方するんだよなぁ。

顔がチンピラみたいなのもいたし。

普段からあんなのに怒られていたから、ちょっとしたことじゃ動じなくなるからいいのだけれど。

でも、怒られるのは、嫌だったな。

おっと、話が脱線してしまった。

長期休暇の話に戻ろう。

長かった休みも、いつかは終わる。

休み明けが一番つらい。

新人の隊員は、休みが終わる前日に駐屯地に戻らなくてはならない。

しかも門限がある。

門限は、駐屯地によって変わる。

だいたい午後8時から10時くらいの間だったような気がする。

でも、最初のゴールデンウィークの長期休暇後は、たまに駐屯地に戻ってこない人がいるらしい。

僕が始めたばかりの時は、いなかったけど。

来なかった人は、そのまま辞めるそうだ。

その気持ちは、すごく分かる。

そりゃあ~普段、外の世界に行けないんだもの外に出られたらねぇ~

辞めたくなりますよぉ。

休みでも外出できない時の休日の過ごし方

外出許可証を申請すれば休日に外出できるけれど、休日に外出できない日もある。

例えば、非番の日だ。

非番は、順番に回ってくる。

この日は、一日中部屋の中に居たりする。

それか、駐屯地内をうろついているぐらいだ。

大きめの駐屯地なら土地が広いから歩きがいがある。

でも小さい駐屯地は、狭いからつまらない。

それと、駐屯地の中には、コンビニがある。

非番の日は、そこで買い物する時もあるけれど毎日行っているから、つまらない。

つまらないから部屋の中でゴロゴロしている。

それでも、つまらない。

そんな時に役立つのが、定額配信サービス!

だいたい、みんなコレを契約していたりする。

そして、アニメを見ている人が多い。

だから、自衛官はアニメオタクの比率が多い。

自衛官にアニメオタクが多いのは、非番のせいでも過言ではない。

アニメオタク以外にも自衛隊には、いろいろなオタクがいる。

特殊な仕事だからしょうがないのかもしれない。

当然、ミリタリーオタクは、たくさんいる。

そういや、ミリタリーについて、めちゃめちゃ熱弁をしている人がいた気がするなぁ~

あんまし、良く分からなかったけど。

という感じで非番の一日は、過ぎていくのだ!

非番は、人によるけど一か月に一日ある人もいれば無い人もいた。

だから土日のどちらかが非番になっても別の日は、外出時出来るから心配しなくてもいい。

というわけで新人自衛官の休日は、こんな感じ!

(例外もある。)

まとめ

  • 外出するには許可が必要で書き間違えると書き直しになるから、面倒
  • 長期休暇後は憂鬱になって自衛官を辞める人がたまにいる
  • 休日でも外出が出来ない日があって、アニメを見るからオタクになりやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました