無観客ライブ配信の費用は?予定アーティストのチケット払い戻しは?

芸能

こんにちは~chikuwaです!

最近、コロナウイルスの影響で無観客ライブというのが開催されています。

2020年3月1日には、「ナンバーガール」という4人組のロックバンド無観客ライブが開催されました。

無観客ライブを開催した「ナンバーガール」のライブに突如出現したマスクの不審者のダンスが「うまい」話題になっていました。

そのマスクの不審者の正体は、俳優、ダンサーの森山未來さん!

という事なので、「無観客ライブ」とは?

どういったものなのか?

無観客ライブ配信の費用とライブを予定していたアーティストのチケット払い戻しの状況を調査してみました。

 

 

無観客ライブとは?

無観客ライブとは、いったい何なのでしょうか?

無観客ライブは、文字通り観客がその場にいないライブの事だというのは、分かるのですが、一体どんな仕組みなのか?

というのが気になりますよね!

無観客ライブは、アーティストが無観客のステージでライブをし、その動画をYouTubeやニコニコ動画で生配信するということらしいです。

でも、それってお金を払わずに誰でも見れちゃうんじゃないか?

と思っちゃいますよね!

そこんところは、どうなのでしょうか?

これは、おそらく配信は、有料でチケットを買った人しか見れない仕組みでしょうね。

例えば、何かがあったときのために、あらかじめライブをするアーティストのシリアルナンバーが書かれていたり。

ライブをするアーティストのシリアルナンバーがチケットを買った人のメールやLINEなどで送られてくるんだと思います。

当たり前ですね。

そうしないと、ライブのチケットを買った人のお金が無駄になりますもんね。

でも、いくらニコニコやYouTubeで無観客ライブを配信してライブの動画が見られても、あんまり納得いかないですよね!

わざわざアーティストにあってライブを楽しむ為に高いお金を出してチケットを買ったのにアーティストに合えないなんて、無観客ライブって残念な感じがしますね。

無観客ライブじゃなくて、あとでコロナが治まってきたら、ライブすればいいと思うんです。

絶対その方がいいですよね!

アーティストにも会えるし、ライブは、観客の熱気があるから、テンションが上がるし楽しいんです。

無観客ライブだと、それがない。

無観客ライブって開催する意味があるのでしょうか?

無観客ライブを取り合えずやって、無観客ライブを見た人が別の普通のライブを見るという感じで1枚のチケットで2回ライブが楽しめるんだったらいいんですけどね。

 

 

無観客ライブ配信の費用は?いくら?

普通のライブで500人規模のライブだと150万円くらいするそうです。

その費用には、照明や設備のスタッフの費用、警備員の費用、受付の費用、宣伝の費用、機材のレンタルの費用などなども含まれています。

なので、これらの費用を合わせると、ライブを開催するアーティストの費用(ギャラ)は、少なくなります。

 

その為、ライブでは、イベントのグッズ販売や協賛金を集めたりするそうです。

 

無観客ライブ配信の費用だと、人件費が少し減ってマシにはなると思いますが。

あと、ライブ会場も変えたりすれば、費用を抑えることが出来るかもしれないですね。

でも、キャンセル料がかかりますね。

その他は、普通のライブのライブと同じくらい費用がかかりそうです。

ライブの、イベントのグッズ販売のが出来なくなるので大変ですね。

あとは、YouTubeやニコニコ動画で無観客ライブ配信するだけなので、あんまり費用は、掛からなさそうですね。

 

無観客ライブしないライブ予定アーティストのチケット払い戻しは?

ライブを予定をしていたアーティストの中には、当然無観客ライブしないアーティストもいます。

その場合、ライブを中止にするか、ライブを延期にすると思います。

通常は、購入したライブチケットの払い戻しは、できないそうなんですが、今回のコロナの影響で無観客ライブになった場合は、払い戻しがされるようです。

コロナの影響で開催が中止になった東京マラソンの費用は、払い戻しされませんでしたが、ライブチケットの払い戻しがされるというのは、ライブチケットを購入した人は、ホッとすると思います。(払い戻しされない場合もある。)

 

 

無観客ライブのまとめ!

  • 普通のライブで、500人規模で150万くらいかかる。無観客ライブは、それよりも抑えられるがグッズの販売が出来ないので赤字覚悟というのが予想される。
  • 無観客ライブをしなかった場合のライブチケットの払い戻しは、される。(払い戻しされない場合もある。)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました