上杉柊平グランメゾン東京や正義のセ幸色のワンルームマスク理由とは

こんにちは~chikuwaです!

上杉柊平さん出演の映画「サヨナラまでの30分」が25日に公開されました。

今回は過去に上杉柊平さんが出演していたドラマ

「グランメゾン東京」や「正義のセ」、「幸色のワンルーム」

この3つのドラマの役柄について紹介したいと思います!

そして「幸色のワンルーム」でなぜマスクをしていたか?

についても触れていきたいと思います!

 

グランメゾン東京や正義のセ、幸色のワンルームでの役柄は?

グランメゾン東京では、武野浩介を演じました!

武野浩介は、gakuに新しく登場したシェフのようです!

しかし、登場したのは、最終回!

一度きりの出演でした。

 

次は正義のセ

正義のセでは6話に小林也という人物の役で出演していました。

 

幸色のワンルームでは、主人公でお兄さん(ハル)を演じました。

彼は、ストーカーで自殺をしようとしていた少女を助けるが家に連れ込んでしまいの誘拐犯に!

下心は、無かったようですが・・・

マスクをしているので見た目が怪しいです。

 

幸色のワンルームでしていたマスクは、なぜしていたのか?

幸色のワンルームで主人公お兄さん(ハル)はずっとマスクをしていました。

なぜマスクをしていたのか?

それは、気管が弱いからということみたいです。

ホームレスに育てられて気管が弱いという具合です。

最終回は、マスクを取っていました。

まとめ

  • グランメゾン東京、正義のセでは、一度だけの出演。幸せのワンルームでは主人公!
  • マスクをしていた理由それは、気管が弱いということらしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました